READRFORプロジェクトが成立しました!皆さま応援ありがとうございました。
大船渡市からの委託を受けて、サン・リアリニューアルに合わせて「大船渡市 子育て支援センター すくすくルーム」として生まれ変わりました。(2015.11.20)
『「望まない妊娠に悩む女性のための相談窓口」を立ち上げたい!』READRFOR? プロジェクトを達成致しました。皆様のご協力ありがとうございました。
東北地域の被災地から避難しているママたちを中野区鷺宮都営住宅の自治会長がサポートしています。(2015.04.06 ジェスペールに寄附して頂いた香港の支援団体からカワイイボランティアがきました)
ジェスペールが支援しているこそだて支援団体がマスコミに取り上げられました。
たくさんのこそだて支援団体が国や自治体から表彰されました。
「被災地の今・・・」をお伝えするために 写真展を開催しました。被災地域で活躍されている代表、助産師さんたち。(2013.10.02 西友仙台長町店様)
被災地を風化させないために・・・。被災地域の情報をお伝えしました。(2013.3.11 西友吉祥寺店様)
これからも「被災地の今・・・」をお伝えします。被災地域でのこそだての実情を知ってください。

東北こそだてプロジェクト

これまでの状況はコチラをご覧下さい
現地での活動報告
ジェスペールの支援活動
メディア

~支援実績~

【支援母子数】 ・プロジェクト開始より 累計 22,275組(2012/7~2016/7)
【支援地域】 ・岩手(大船渡、陸前高田、花巻、北上、釜石、大槌、遠野、
    宮古、久慈)
・宮城(石巻、東松島、女川、気仙沼、亘理、名取、仙台)
・福島(いわき、相馬、南相馬、伊達、二本松、須賀川、白河、
    福島、郡山、猪苗代町)
・新潟(長岡)
・埼玉(川越)・神奈川(横浜)・東京(中野)

【活動内容】 ・妊産婦教育 / 育児・母乳相談 / 母親のメンタルケア /
 母子交流会 / ベビーマッサージ / 母子体操・ヨガ /
 サロンや巡回訪問

被災地の今

2016.05.17 メルマガ vol.39

~東日本大震災から始まり熊本地震へ、支援は続く~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2016.03.18 メルマガ vol.38

~こそだてシップの母子支援にかける情熱とパワーの源~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2015.12.15 メルマガ vol.36

~ジェスペールの東北支援の収穫と、今後について~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2015.11.17 メルマガ vol.35

~様々な立場の人々が支える母子支援のこれから~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2015.09.15 メルマガ vol.34

~被災地の支援を続けながら、全国の妊娠・出産・子育てをめぐる問題へ~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2015.07.21 メルマガ vol.33

~被災した人々を思う力の集結による支援の結晶~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2015.04.21 メルマガ vol.32

~まんまると香港ボランティアグループの姿から考える、支え続けるということ~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2015.03.17 メルマガ vol.31

~津波で母を失い、気仙沼から災禍を逃れて東京に来た方の体験談から、支援が届きにくい状況にあるということ~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

2015.02.17 メルマガ vol.30

~子どもをおなかの中で育てるために身体と向き合うことの重要性~
東北こそだてレター「被災地の今・・・」を見る(pdf)

新着情報

ママライター~産後ドゥーラになるまで~

2016.06.13
ママライター~産後ドゥーラになるまで~

震災後、東京で避難生活を送るHさんは、支援をしていた宗代表とのご縁から「産後ドゥーラ」になり、現在、3人のお子さんを育てながら、ドゥーラとして元気に活躍されています。

熊本県を中心に九州地方で発生した大震災の被災者の皆さまへ

2016.04.25
熊本県を中心に九州地方で発生した大震災の被災者の皆さまへ

熊本県を中心に九州地方で発生した大震災の被災者の皆さまに、心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

2016.04.15 復興庁HP「男女共同参画の視点からの復興~参考事例集~」に掲載されました

2016.04.15
復興庁HP「男女共同参画の視点からの復興」に支援先が掲載されました

復興庁HP「男女共同参画の視点からの復興~参考事例集~」に、ジェスペールの支援先3団体が掲載されました。これまでの活動経緯や現状が・・・

『ソーシャルイベント「Bloom the City」』3月20日(日)~21日

2016.03.09
『ソーシャルイベント「Bloom the City」』3月20日(日)~21日

ひとあし早いお花見をしつつ、ふとしたきっけからソーシャルな世界に一歩を踏み出した女性たちのトークセッション、ソーシャル・シンガーたちの・・・

2015.12.27 「仙台で800人の赤ちゃんの命を繋いだとも子助産院を復旧したい」

2015.12.27
「仙台で800人の赤ちゃんの命を繋いだとも子助産院を復旧したい」READYFOR

先日、お礼のメールを頂いた「とも子助産院」の伊藤さまが助産院改修に必要な資金調達をREADYFORにて行っています。皆さまもご支援お願い致します。・・・

2015.12.15 お礼のメッセージご紹介

2015.12.15
お礼のメッセージご紹介

西友 / ウォルマート・ジャパン様からの助成が12月に終了致します。2012年から3年間の間ご支援頂きましてありがとうございました。・・・

2015.12.01 妊娠SOS東京 本日より相談開始!(東京新聞掲載)

2015.12.01
妊娠SOS東京 本日より相談開始!(東京新聞掲載)

妊娠SOS東京では本日12月1日より相談業務を開始致しました。初日の今日、東京新聞にて紹介して頂きました。・・・

2015.10.19 宮城県「とも子助産院」様よりお礼のお手紙を頂きました

2015.10.19
宮城県「とも子助産院」様よりお礼のお手紙を頂きました

9月に発生した台風18号により宮城県内で多くの方たちが被災されました。仙台にあるとも子助産院でも浸水被害があり、さらに車三台が廃車になる事態に・・・

2015.09.14 「妊娠に悩む女性のための相談窓口」を立ち上げたい!

2015.09.14
「妊娠に悩む女性のための相談窓口」を立ち上げたい!

ジェスペールの代表 宗祥子が「妊娠に悩む女性のための相談窓口」を立ち上げたい!との思いで活動を始めました。・・・

2015.06.11 「宮城県内の助産師が赤ちゃんとママのためのサロンをひらきたい!」

2015.06.11
【続報】「宮城県内の助産師が赤ちゃんとママのためのサロンをひらきたい!」

宮城県の助産師さんたちが立ち上げた『readyfor? 宮城県内の助産師が赤ちゃんとママのためのサロンをひらきたい!』が6月9日に達成致しました!・・・

2015.06.27 「なかの育フェス」に参加します!

2015.06.27
「なかの育フェス」に参加します!

今年もジェスペールは「なかの育フェス(東京都中野区)」に参加します!・・・

2015.05.12 リーフレットのイラストに込めた思い

2015.05.12
リーフレットのイラストに込めた思い

福島から中野区に避難中の青木さんからリーフレットのイラストに込めた思いを頂きました。・・・

2015.05.08 READYFOR?チャレンジ!

2015.05.08
READYFOR?チャレンジ!

じょさんしサロン実行者の武者です。今回もジェスペールさんのお力をお借りすることになり、恐縮です。震災を契機に始めたサロンですが、もともと・・・

2015.04.30 「宮城県内の助産師が赤ちゃんとママのためのサロンをひらきたい!」

2015.04.30
「宮城県内の助産師が赤ちゃんとママのためのサロンをひらきたい!」

ジェスペールが東日本大震災後に支援している宮城県の助産師がお母さんたちのサロンを継続を予定しています。しかし震災から四年たったいま・・・

「READYFOR LADY賞」受賞のご報告

2015.04.23
こそだてシップが河北新報に紹介されました

伊藤理事長は「おもちゃの置き方や母親の私物の管理方法など、参考になる点がたくさんあった。子どもを産み育てたい女性が、生き生きと暮らせる街にしたい」と話した。・・・

2015.04.06 「お祝い会」のようす

2015.04.06
「お祝い会」のようす(中野区鷺宮都営住宅)

4月6日は入学式や、入園式、などを終えたお子さんたちをお祝いする会が開かれました。そしてそこには、素敵なかわいいボランティアのお嬢さんたちが香港から来てくれました。・・・

ご 支 援

2015.12.14 上尾 ひかわ幼稚園母の会様よりご寄付を頂きました

2015.12.14
上尾 ひかわ幼稚園母の会様よりご寄付を頂きました

12/4に、ひかわ幼稚園母の会様より、今年もご寄付をいただきました。H24年から毎年ご寄付いただき今年で4年目。・・・
上尾 ひかわ幼稚園 --親-- のページ

2015.01.27 西友/ウォルマートジャパンのレジ募金が終了します

2015.01.27
西友/ウォルマートジャパンのレジ募金が終了します

西友/ウォルマートジャパン各店舗レジで行っている「東北こそだて募金」(以下「レジ募金」)が、2月15日(日)をもって終了することになりました・・・
西友/ウォルマートジャパン サステナビリティ

2014.12.07 上尾 ひかわ幼稚園母の会様よりご寄付を頂きました

2014.12.07
上尾 ひかわ幼稚園母の会様よりご寄付を頂きました

24年から3年連続、母の会様で集めていただいた募金をご寄付くださっています。幼稚園は2年で卒業になりますので、その親御さんも2年単位で離れていかれるはずですが、毎年募金活動が継続していると・・・
上尾 ひかわ幼稚園 --親-- のページ

2014.10.14 株式会社 良品計画様より支援金を頂きました

2014.10.14
株式会社 良品計画様より支援金を頂きました

2月~8月に募金活動いただいていました 株式会社 良品計画 様より、支援金のお振込みをいただきました。・・・
無印良品ネットストア 募金実績のページ

キッチン用品のセレクトショップ 『プロキッチン』様より支援金を頂きました

2014.04.17
キッチン用品の『プロキッチン』様より支援金を頂きました

キッチン用品のセレクトショップ 『プロキッチン』常陸屋(ひたちや)さまから、ジェスペールにたくさんのご寄付を頂きました。・・・

READYFORプロジェクトが成立しました

2014.03.28
READYFORプロジェクトが成立しました!

当プロジェクトが無事に成立しました!これもひとえにご支援いただいた皆様のおかげです。本当に本当にありがとうございます。まんまる及びジェスペールスタッフ一同、心よりお礼を申し上げます。・・・

オステオパシー のダビッドブリソンさんが松が丘助産院に協力

2014.02.24
オステオパシーのダビッドブリソンさんが松が丘助産院に協力

日本に住むフランス人David Brissonさんは、ジェスペールの英文サイトをみて、私達の活動に賛同し、被災した後首都圏に避難している妊産婦さんを支援してくださることになりました。・・・

『おくるみ』150枚を寄贈して頂きました

2013.11.20
『おくるみ』150枚を寄贈して頂きました

千趣会様の ハハトコ東北プロジェクト より、福島県助産師会へ千趣会オリジナルの『おくるみ』150枚を寄贈いただくことになりました。福島県内9か所でのサロンやクリニックで配布されます。・・・

西友レジ募金10月度発表

2013.11.19
西友レジ募金10月度発表

募金して頂きました皆様、誠にありがとうございました。今後も、西友レジ募金を通じてご協力をお願い致します。

ウォルマート・ジャパン / 西友のサステナビリティ

合同会社西友様「店頭レジ募金」における募金総額が発表されました

2013.10.31
合同会社西友様「店頭レジ募金」における募金総額が発表されました

『各店舗で展開している「海岸林再生募金」「東北こそだて募金」「病児保育募金」「フードバンク募金」の4つの募金に対する2012年末時点の募金総額は・・・

ウォルマート・ジャパン / 西友のサステナビリティ
「東北こそだてプロジェクト」が紹介されました

2013.10.02
合同会社西友様から2013年継続支援決定のお知らせ

合同会社西友様から2013年も引き続きご支援を頂くことが決定したことを皆様にご報告するとともに、合同会社西友様に感謝の意を表します。

ジェスペールプレスリリース
愛宕倉庫株式会社 大阪事業所様よりエタノールジェル15,000本を寄贈

2013.07.09
愛宕倉庫株式会社 大阪事業所様よりエタノールジェル15,000本を寄贈いただきました

愛宕倉庫株式会社 大阪事業所様より、エタノールジェル15,000本を寄贈いただきました。このエタノールジェルは、下記の各地に配布され、サロンに参加したママ達や近隣の・・・

2013.05.31
和なびジャパン さまよりご寄付いただきました

和なびジャパンさまから、ご寄付を頂きました。ご好意に厚く御礼申し上げます。コメントをいただきましたのでご紹介します。『「和なびジャパン」は・・・

SHIZENヨガスタジオ さまよりご寄付いただきました

2013.05.21
SHIZENヨガスタジオ さまよりご寄付いただきました

SHIZENヨガスタジオの方々から、ご寄付を頂きました。皆様のご好意に厚く御礼申し上げます。コメントをいただきましたのでご紹介します。・・・

PePe English Salon & 蕾の家 チャリティバザー

2013.05.01
「チャリティーバザー@鎌倉市」にてバザーの収益金をご寄付いただきました

4月21日(日)あいにくの雨天の中、PePe English Salon & 蕾の家 子供服チャリティバザーが開催されました。バザーの収益金をご寄付いただきました。

~支援のお願い~

ジェスペールでは、2012年7月より妊産婦支援「東北こそだてプロジェクト」を継続しています。現地助産師を中心とした活動により、困難な環境下で子育てをするお母さんや妊婦さんを支え、この1年間で約5,000組の母子を支援しました。

被災地では、2年以上経った現在も、復興が進んでいません。ジェスペールでは、被災地の妊産婦が、安定した環境で、安心して出産し前向きに子育てできるよう、支援活動を継続していきます。

「東北こそだてプロジェクト」は、みなさまからのご寄付と助成金で成り立っています。 今後も妊産婦支援が続けられますよう、皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。 2013年7月

活動報告動画

被災地の母子支援の現状を、活動内容の紹介とともにお伝えします(2014年1月)

大きい画像を見る

被災地の母子支援の問題点と現状(2013年9月)

大きい画像を見る

過去のニュース

2013.04.21 被災地のママを応援する「チャリティーバザー@鎌倉市」が開催されます!
PePe English Salon & 蕾の家 チャリティバザー

4月21日(日)PePe English Salon & 蕾の家 子供服チャリティバザーが開催されます。

「こまむ・どぉる」も扱っていただける事になりました。
売上は”東北こそだてプロジェクト”に寄付され、被災地のママと赤ちゃんの為に使われます。皆様ご協力をお願い致します。
※ジェスペールスタッフの立ち会いはありません

 詳しくはこちらをご覧下さい


2013.03.15 相馬助産所の宮原さんが産経新聞に掲載されました
産経新聞

「福島で子育てを」未来のために決断…

福島県の産科医療は厳しい状況下にある。もともと震災前の福島県は人口10万人当たりの産婦人科医の数は全国ワースト2。震災によって、家庭の事情などで福島を去る医師もいたため、医師不足は深刻化。
相馬市内で出産できるのは開業医のクリニック1カ所だけ。医師からは「何かあったときに対応できる病院は近くにない。いわき市か郡山市に行くことになる」と告げられた。福島市に行くとしても車で1時間以上かかる。

それでも故郷を離れるという選択肢はない。「震災で大事なものを失った。だからこそ、家族一緒の時間を大切にしたい」

大切に育てたいという気持ちに、住んでいる地域は関係ない。「この子供たちが、福島の未来なんです」(宮原さん)

記事を読む(yahooニュースが既に削除されています)


2013.03.13 ご協力ありがとうございました(3.11 こまむ・どぉる販売)
こまむどおる

3月10日, 11日の二日間、西友吉祥寺店さまにて「こまむどぉる」の販売を無事終了する事が出来ました。
支援活動にご協力いただきましたお客様、西友吉祥寺店様、ご協力誠にありがとうございました。

販売結果、当日のレポート報告はこちらをご覧下さい


2013.03.12 ハハトコ東北プロジェクト始動!

千趣会では、小さな幸せが積み重なって、いろんな笑顔で満ちている毎日でありますように、という願いをこめて、”えがおの森プロジェクト”を立ち上げました。
この中の”ハハトコ東北プロジェクト”で、ジェスペールの活動を応援していただいています。

プレスリリースをみる

ママ達の笑顔がたくさん見られますように・・・

ハハトコスマイルサポート(育児サロン支援活動)より、岩手沿岸部の母子を支援している”こそだてシップ””まんまる”に、ママ達へのプレゼントをたくさんご用意いただきました。 サロンや巡回訪問で、贈ることにしています。ママ達の笑顔がたくさん見られますように。

スマイルサポートフェス!in石巻

”ベビースマイル石巻”と連携して、”手作りイベント”を行います。
千趣会で扱う手作りキットを使って、ママ達に楽しい時間を過ごしてもらおうという企画です。
石巻のママさんお楽しみに (^_^)

senshukai×セキユリヲ かけはしおくるみプロジェクト

被災地に生まれる新しい命に、デザイナー・セキユリヲさん企画デザインの特製「おくるみ」をプレゼントいたします。
かけはしおくるみ



2013.03.10 被災地は今・・・

今日で東日本大震災から丸2年。ジェスペール独自で取材した被災地の現状をお伝えします。



2013.03.10 西友 吉祥寺店にてお人形を販売します
こまむどおる販売します!
日時:3月10(日)、11(月)10:00~18:00
場所:JR吉祥寺駅 西友 吉祥寺店 1階特設ブース
・パンフレットは こちら(pdfファイル)
             

岩手県の大船渡や陸前高田には、大型店舗はおろか、子ども用品を購入出来るお店もありません。30Kmも70Kmも離れた、気仙沼や花巻まで車で行かないと、こども用品の買い物も出来ません。

仮設に生活している家族は、津波ですべてを流され失った方達です。小さい子どもの将来も考えながら、ゼロから生活を立て直さないといけない状況で、経済的にも精神的にも負担が大きい中で、子育てをしています。

そのようなママや赤ちゃん、小さなお子さんに、少しでも育児を楽しんでもらおうと、木のおもちゃ(こまむ・どぉる)を贈ることにしました。
木のおもちゃはなかなか手に入りにくいです。木の自然な感触は赤ちゃんにも良いおもちゃになると思います。

西友レジ募金

おもちゃは、助産師から直接ママに手渡され、購入いただいた方のメッセージを同封します。

「自宅用に購入したい」という方には、売上の一部を支援活動に活用させていただきます。

seiyu

さんでは「東北こそだてプロジェクト」のレジ募金

も行っています。よろしくお願いいたします。



2013.03.09 読売新聞 武蔵野版に掲載されました
読売新聞掲載

2013.03.09 読売新聞 武蔵野版に「癒やしの人形を被災地へ送る」活動が紹介されました。

西友 吉祥寺店さまのご協力を頂き「こまむ・どぉる」を販売します。

注)新聞には、一体 1,600円と掲載されておりますがこれは販売元の旧価格です。現在は、販売元でも1,900円で小売販売されています。

 新聞を拡大して見る



2013.02.19 東北こそだてレター Vol.6

被災地の妊産婦さんとみなさんをつなぐ【東北こそだてレター】を配信いたしました。

今回の特集は 宮城県仙南地区から、
「まみーぱいぱい」の活動から考える「女性を支援するということ」
 ~ 津波に襲われ、人口が6割以下に減った町 ~


2013.02.13 未来を強くするこそだてプロジェクト 未来賞受賞
未来を強くするこそだてプロジェクト

私たち一般社団法人ジェスペールはこのたび住友生命が主催する「未来を強くするこそだてプロジェクト」より未来賞を受賞いたしました。

このプロジェクトの趣旨は
「子育て支援活動の表彰」「女性研究者への支援」の2つの公募事業を柱として、すこやかな子育てと夢のある未来づくりを応援しています。

1つ目の柱である「子育て支援活動の表彰」では、各地域においてよりよい子育て環境づくりに取り組む個人や団体の皆様の活動を募集し、特徴的な子育て支援活動を紹介することで、広く社会全体への普及に貢献したいというものです。

2月4日に表彰式がホテルニューオータニで行われ、日本各地から受賞者が集いました。受賞は未来大賞2団体 未来賞が10団体でした。

ジェスペールの活動 《助産師のネットワークを通じて、被災地のお母さんと赤ちゃんをサポートする活動》が評価されました。

この表彰を励みにして、2013年も更に被災された妊産婦さんの支援や子育て支援を継続して行っていきたいと思います。
多くの方々のご支援のもと私たちの活動が継続することができています。
改めて寄付をしてくださった個人や団体の方々また応援してくださっている皆様、助成金をくださっている企業の方々に心より御礼申し上げます。



2013.02.09 魔除けの赤鬼(福島県相馬市 相馬助産所にて)

この写真(右手)は、”魔除けの赤鬼”です。心身ともに健康であってほしいとの願いを込めて、福島県相馬市の助産師の宮原さんが折ったもので、節分にあわせてサロンで配りました。
現地の皆さんは玄関に飾ります。

魔除けの赤鬼
サロンのようす


2013.02.09 母乳育児室マミーぱい×2のようす

岩佐助産師さんからサロンの風景写真が届きました。
座布団を赤ちゃんの布団にしてみんな仲良くベビーマッサージ中!

サロンのようす
サロンのようす


2013.01.01 母乳育児室マミーぱい×2サイトが完成しました

こんにちは。助産師の岩佐 あけみです。
助産師歴22年の3人の子持ちです。
母乳のこと、育児のこと、自分でもたくさん失敗して経験しています。
その中で、これから育児していくママや家族にたくさんのメッセージがあります。
人が好きになれる人間にしましょう。
育児はその子が家庭を持ち一人前になるまでです。
せっかくですから楽しんでいきましょう。

母乳育児室マミーぱい×2サイト



2012.12.25 こそだてシップのクリスマス会が行われました

12月18日に大船渡市:カメリアホールにてクリスマス会が行われました。(参加母子は54組)
12月25日に陸前高田市:米崎コミュニティーセンターにてクリスマス会が行われました。(参加母子は25組)

こそだてシップHP(クリスマス会のようす)

ベビスマ-クリスマス会
12/18 大船渡市
ベビスマ-クリスマス会
12/25 陸前高田市


2012.12.25 ベビースマイル石巻のクリスマス会が行われました
ベビスマ-クリスマス会

12月25日にベビスマのクリスマス会が石巻市の向陽コミュニティーセンターで行われました。

参加母子90組!スタッフも合わせると、総勢190人近い人数で、相変わらずの大盛況でした。



2012.12.25 福島県相馬・新地にてクリスマス会が行われました

12/13に新地総合体育館、12/20に相馬・中央児童センターでクリスマス会が行われました。

福島県助産師会 - 被災母子支援事業(相馬助産所便り)

ベビスマ-クリスマス会
12/13 新地総合体育館
ベビスマ-クリスマス会aaa
12/20 相馬中央児童センター


2012.12.23 ほんだ母乳育児相談室の携帯サイトが完成しました
ほんだ母乳育児相談室携帯サイト

宮城県東松島市で活動している本田由美さんの『ほんだ母乳育児相談室の携帯サイト』が完成しました。
「緑と笑顔かたえない相談室です。赤ちゃんはママの笑顔が大好きです。」

 ほんだ母乳育児相談室携帯サイト
 (パソコンからでもご覧頂けます)

 


2012.11.08 朝日新聞「私の視点」に掲載されました
読売新聞掲載

2012.11.08 朝日新聞 「私の視点」欄に宗の活動が紹介されました。

西友 などの企業から援助を受け、寄付金も募っているが、子育て支援はお金だけでうまくいくものではない。住民一人ひとりの、妊産婦や赤ちゃんへの気遣いこそが大切だ。妊産婦への支援は、将来の復興を担う次世代育成につながる。最も力を入れるべき取り組みの一つなのである。」(宗祥子)

 新聞を拡大して見る



2012.10.23 岩手県花巻市 佐藤さんより「まんまるまつり」の活動報告
まんまるまつり

先日行われた「まんまるまつり」の様子の報告です。
10月14日日曜日 お天気に恵まれました。
年に一度の「まんまるまつり」は「まんまるサロン」立ち上げのきっかけの一つ、月に1度の北上さくらホールでの「助産師によるママ&プレママ応援サロン まんまるお月さま」主催です。
来場者は約150人!皆様ありがとうございます!

 続きを読む



2012.10.16 いずみ助産院のHPが完成しました
いずみ助産院のHPが完成

岩手県花巻市で活動している佐藤美代子さんのいずみ助産院のHPが完成しました。

「いのちが沸く、おっぱいが沸く、いのちが沸く。そんな泉のような存在でありたい。ひとりで悩まずお気軽にご相談ください。」

いずみ助産院サイト



2012.10.16 【告 知】宮城県MIJOの伊藤さんよりイベントのお知らせ
安全・安心なお産のために

平成24年度宮城県助産師活動普及事業として、「安全・安心なお産のために」というイベントを開催します。多くの妊婦さんやご家族・母子保健関係の皆さまにご参加頂きたいと思います。

・日 時:2012年11月17日(土)開場 12:30~
・会 場:エルパーク仙台 セミナーホール
・対 象:妊婦さんはもちろん、未来の妊婦さん、
     赤ちゃんを迎えるご家族、お子様づれでの
     ご参加も大歓迎です。
・参 加:無料 お土産付き
     (妊娠線予防クリームの予定です)
・主 催:一般社団法人宮城県助産師会
・後 援:国際協力NGO ジョイセフ(JOICFP)

・問い合わせ・申し込み:FAXの方は申込フォームから
     メールの方はmiyagisanba@gmail.com

 ※ 詳細はこちらのパンフレット (pdf)をご覧下さい


2012.10.05 こそだてシップとジェスペールの活動が紹介されました
NEWSアンサーを視聴する

2012.10.05 テレビ東京 NEWSアンサー「子育てを支える」の最終日で、大船渡のこそだてシップのようす(サロン、巡回活動)が伝えられました。東北こそだてプロジェクト代表の宗がプロジェクトの概要や被災地支援の必要性を語っています。

※放映は下記サイトで視聴が出来ます

 NEWSアンサー LIVESアーカイブ



2012.08.27 「こそだてシップ(巡回訪問)」の活動が紹介されました
読売新聞掲載

2012.08.27 読売新聞 「くらし」欄に こそだてシップ(巡回訪問) が紹介されました。

こそだてシップ代表の伊藤さんは「お母さんたちは不便な環境で赤ちゃんを抱え、我慢し続けている。話を聞いてあげる人が必要」と話す。「サロンまで来られない人も多いはず」と24年5月から巡回訪問を始めている。

ジェスペール代表の宗は「被災地のお母さんたちが安心して出産、子育てが出来るように継続的な支援が必要」と訴える。
寄付は 西友 のレジ募金と当サイトにて受け付けています。

 新聞を拡大して見る



2012.08.07 Commune with 助産師 の活動が紹介されました
CANPAN NEWS

2012.08.07 読売新聞 「復興支援掲示板」の「記者メモ」欄に Commune with 助産師 が紹介されました。

「お母さんたちの太陽になろう」スタッフの助産師たちはいつも、そう心がけている。

 拡大して見る


2012.07.19 東京でのお産受け入れ致します(妊産婦さんの妊娠や出産、産後のサポート)

 東京でのお産受け入れ致します 
 保険の範囲内病院(助産院)の 
 ご紹介 

ジェスペールは、東京に自主避難している妊産婦さんの支援を行っています。
代表の宗が、妊産婦さんの妊娠や出産、産後のサポートに関する相談に直接乗ります。
福島から避難(自主避難を含む)してきている方が、妊娠したり、産後のサポートに困っていたら是非直接 宗(ジェスペール代表で松が丘助産院 院長の助産師)にご連絡ください。

被災妊産婦さんを低額の出産費用、保険の範囲内で(出産費用42万円程度)で受け入れているクリニックや大学病院、総合病院をご紹介いたします。
もちろん 松が丘助産院 でも保険の範囲内でお産をお引き受けいたします。
東京の有名な産科病院は65万円から80万円、病院によっては100万円近く致します。
被災地から自主避難し、ご主人と別居し2重生活をしている妊婦さんが支払うには、大変な金額です。
また産後のサポートのご相談にも乗っています。

もしお知り合いで、避難中の妊産婦さんがいらしたら、是非ジェスペールまでご相談ください。

 連絡先はこちら


2012.06.26 合同会社西友様の 2012年度社会貢献活動助成先に認定されました
西友WMプレスリリース

助成金による支援の他に、西友各店での店頭募金の対象に選ばれました。ジェスペールプレスリリース資料
これらの支援金は、被災沿岸部の産後母子に対する育児相談、巡回訪問の費用に使われます。

募金は、7/1より 西友 各店舗のレジで受付けます。水色のカードが「東北こそだてプロジェクト」レジ募金カードです。このカードをレジへお持ち頂き、お会計と共にレジにて寄付をします。西友 でお買い物の際は、「東北こそだてプロジェクト」への温かいご支援をよろしくお願い致します。

西友「2012年度社会貢献活動助成プログラム」の助成先を発表

西友WMプレスリリース
西友WMプレスリリース
    写真左:合同会社西友 金山執行役員、右:宗(6/26 プレスリリースにて)